捨てる!掃除!整理整頓!

捨てる事の大切さ、を語りたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

感謝しないから、思いの奴隷に陥るしか無いのです。

ありがとうおじさんの話

思いが有るから、感謝できないのでは無いのです。

感謝しないから、思いの奴隷に陥るしか無いのです。
思いが有るから、奉仕できないのでは無いのです。

奉仕しないから、思いの奴隷に陥るしか無いのです。
先ず感謝と奉仕に生きようとすることです。


スポンサーサイト
  1. 2014/07/31(木) 09:03:10|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

謙虚になる為には先ず、自分のすべては、神さまから与えられたものばかり、

ありがとうおじさんの話

本心の心の立場に立つことは、謙虚に謙虚になることです。
これが自分だという過去の姿を掴んでいては、

決して謙虚になれないのです。過去の善き姿を掴むだけで、
高慢になったり、エリート意識に陥ったりするものです。

また過去の悪しき姿を掴むだけで、卑下慢になったり投げやりな
自暴自棄の状態に陥り易いものです。謙虚になるということは、

マイナスを掴んで、心をマイナスで一杯にするということではないのです。
マイナス無限大の立場に立って、心を空っぽにして、

神さまの全徳の無限の無限の輝きの全てを、
素直に感受できる自分になることです。

 謙虚になる為には先ず、自分のすべては、神さまから与えられたものばかり、

ということに気付くことです。傲慢さ(高慢と卑下慢)は、
神さまの恩愛を無視し・拒絶するところから生ずるのです。

すべてをプラスに、感謝一筋に受けてゆこうとすれば、謙虚に成れるのです。
 素直になる為には先ず、自我の心(過去に積み重ねた業想念の心)を捨て去ることです。

過去の体験・経験に立脚して、自我の心を生きようとしていては、
決して素直には成れないのです。過去の一切を、

神さまにお返しすれば、自我の心を消し去ってもらえて、素直になれるのです。
すべてを神さまから、一瞬一瞬新たに、受け直すことが、本当の素直な生き方です。

 マイナスに見える自他のどんな姿に対しても、

みんな自分の責任なのだと、心からお詫びすることによって、
下へ下へと自分の心の立場を移してゆくことができます。

心の立場を下へ移せば移すほど、謙虚になれて、
神さまの最高表現を感受し易くなるのです。自己弁解したり、

他に責任を帰するようでは、いつまでたっても、
謙虚な本心の自分には戻れないのです。


  1. 2014/07/30(水) 07:41:49|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

過去に心を向け続けたら、自分の心は過去を掴む業想念の心になるのです。

ありがとうおじさんの話

過去に心を向け続けたら、自分の心は過去を掴む業想念の心になるのです。
神さまに心を向け続けたら、自分の心は新生する本心の心になるのです。

神さまに背を向けて見ている現実は、過去のものです。
神さまの現れとして見ている現実は、新生してくる新しいものです。一瞬でも

神さまに背を向けたら、過去を掴むことになるのです。一瞬でも過去を
掴めば、業想念の心に陥ることになるのです。常に本心の自分で有り続ける為には、
いつも神さまを思い続け、神さまに心を向け続け、

『ありがとうございます』
(天照大御神 今ここに 在します)と祈り続けること
が大切です。


  1. 2014/07/27(日) 08:59:42|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

『神さま、ありがとうございます』と唱え続けることが大切です。


ありがとうおじさんの話

自分の思い通りに生きるのも、他人の思い通りに生きるのも、
どちらも業想念の奴隷に陥っているのです。

それでは本当の幸せを掴むことはできないのです。
神さまの御心に・神さまの導きに素直に従ってこそ、

真実の幸せへの道を歩むことができるのです。その為には、
すべてを『神さまの御心のままに』と任せ切って、

ただひたすらに、呼吸をするように、
『神さま、ありがとうございます』と唱え続けることが大切です。

そうすることによって神さまの導きと守りを、
的確にうけることができるのです。


  1. 2014/07/24(木) 21:35:21|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

本当の自分の心は、本心の心・感謝の心なのです

ありがとうおじさんの話

本当の自分の心は、本心の心・感謝の心なのです。自我の思い・考え・願いは、
業想念の心です。五欲(財欲・名誉欲・食欲・色欲・睡眠欲)の心は、

業想念の心です。七難八苦の心は、業想念の心です。煩悩の心は、
業想念の心です。業想念の心は、本当の自分の心では無いのです。

光を灯せば、闇は消えるのです。本心を輝かせば、業想念は消えるのです。
『ありがとうございます』と唱えれば、本心が輝き出て来るのです。

『ありがとうございます』と唱えれば、心に光が差し込んで来るのです。
『ありがとうございます』と唱えれば、業想念は消えるのです。

心の中の業想念が消え去れば、青空に太陽の輝くように、
本心の自分(湧き上がる感謝の心)が大きく輝き出て来るのです。


  1. 2014/07/22(火) 20:24:14|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

神さまのすることには、決して間違いは無いのです。

ありがとうおじさんの話

本心の自分をしっかりと生きるには、すべてを神さまの御心のままに、
任せ切らなければならないのです。神さまは常に、

本心が輝き出るように、助けて下さっているのです。
本心の輝き出るのを邪魔している業想念を、

一番適切な方法で消し続けて下さっているのです。
神さまに相対するのは、

常に本心の自分でなければならないのです。

本心の自分で相対するということは、
感謝だけの心になるということです。

自分の運命・境遇がどんなものであっても、
無限の感謝だけで受けるということです。

神さまのすることには、決して間違いは無いのです。
神さまの与えて下さるものに、

悪いものは何一つも無いのです。
今自分に与えられたすべてを、

無限の感謝で受け続けてゆかなければ、
神さまの御心には適わないのです。


  1. 2014/07/18(金) 09:33:42|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

感謝三昧の心になれたら、

ありがとうおじさんの話

自然に湧き出る感謝の心が、本心の自分です。感謝三昧の心になれたら、

本心の自分は最高に輝いているのです。全大宇宙のすべてのすべては、
宇宙の大神さまの至慈・至愛の現れです。本心の自分は、

すべての表現の中に、大神さまの絶対の愛を発見できるのです。ところが
本心の呼び出しが十分でない時には、想念感情の心・業想念の心・

五欲の心に陥ってしまうのです。だから先ず本心の自分を呼び出して、
しっかりと自覚することが、何よりも何よりも大切なのです。


  1. 2014/07/11(金) 19:42:33|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

本心の心は常に、宇宙全体を神さまからのプレゼントとして、

ありがとうおじさんの話


神さまの御心に素直な生き方とは、『今』を最高に生きることです。

それは一瞬一瞬新たに新生している宇宙のすべてを、神さまの全徳の
無限の無限の大光明燦然と輝いている姿に見て、全く始めて見るもの

として、感動を新たに受け止めてゆくことなのです。
すべてを神さまの現れと見る本心の心であれば、

石ころ一個にも無限の絶対価値を見出すことができるのです。
四季の変化を味わう場合でも、本心の心であれば、

今与えられている季節を、最高に素晴らしいものとして、
受け止めることができるのです。

過去の姿を掴んで、業想念の心に陥ると、無感動の心となったり、
好き嫌いの感情の奴隷になってしまうものです。

そうなるとどんな素晴らしいものに対しても、
相対的な有限の小さな価値しか認められなくなるのです。

過去を掴む心・業想念の心の奴隷となっては、
決して本当の幸せを味わうことはできないのです。


 何でも自分の思い通りになることを願い、思い通りになって喜んでいるのは、
小さな小さな自己満足の喜び・業想念の心の喜びに過ぎないのです。

本心の喜びと比較すれば、それは無に等しいものです。神さまが
与え続けて下さっている無限の無限の幸せを、しっかりと受け止めてこそ、

本心の喜びになるのです。小さな部分のみを掴んで、
それだけが自分のものなのだと思うから、
大きな全体が自分のもので無くなってしまうのです。

本心の心は常に、宇宙全体を神さまからのプレゼントとして、
一瞬一瞬新たな感動をもって、無限の絶対価値あるものとして受け続けるのです。

今の一瞬にどれだけ沢山のものを、感動の心で受け止めることが
できるかが問題なのです。本心の心を磨き出し・輝かして、

日に日に感謝を無限に大きく・無限に深くしてゆくことが、
本心の自分をしっかりと生きていることになるのです。


  1. 2014/07/09(水) 10:05:38|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

他を幸せにする最高のプレゼントは、『感謝すること』なのです。

ありがとうおじさんの話

自分には与えるものが無い、と嘆く必要は無いのです。
先ず与える心を起こしさえすれば、与えるものは無限に湧き出てくるのです。

他を幸せにする為に、一体何を与えたら良いのでしょうか? お金ですか? 
物ですか? 親切ですか? 笑顔ですか? ・・・・・・・・? 

他を幸せにする最高のプレゼントは、『感謝すること』なのです。
真心から感謝すれば、相手の本心を拝み出すことになり、

真実の幸せを与えることになるのです。
感謝の祈りを捧げることは、他の運命を根本から大きく改善する為の、

絶大な力を発揮することになるのです。守護の神霊による運命修正の働きに、
大きく協力することにもなるのです。


  1. 2014/07/02(水) 20:10:41|
  2. いい言葉|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
href="http://blog.fc2.com/">blog)